2019年2月20日水曜日

高輪ゲートウエイ駅。2020年オープン予定の山手線新駅(品川と田町の間の新駅)の名称は、新駅の開発コンセプトがそのまま駅名になってしまったような印象ですね。路線マップを作成するときには駅名が長くて大変そうですし、それ以外の理由でも賛否両論ある様子。それはともかく、写真のように建物構造の骨格がほぼ完成に近づいているようです。高輪周辺は、この新駅の開業以降、都市開発が急速に進んでいく計画で、将来は、近代的な新しい「副都心」になるかもしれません。

2019年2月14日木曜日

いよいよ花粉が飛来する季節。幼少の時から花粉症だった私にとってはつらい季節なのですが、40歳前半で虫垂炎になって「盲腸」を切除して以来、花粉症がかなり軽くなり、加えてアトピー性皮膚炎は全く発症しなくなりました。盲腸は、その臓器としての機能が失われているとも言われていますが、アレルギーや免疫関連の機能を未だに有しているのかもしれませんね。不思議な実体験の紹介でした。

2019年1月30日水曜日

今年もスタートしてもう1か月が過ぎようとしています。今年は、現在業務量が増加していることや事務所の引っ越し(おそらく、秋ごろ?)が控えていることもありますので、大忙しの一年になると思います。また、今年は、これから知財業務や技術開発を充実させていこうとお考えの中小企業様やベンチャー企業様向けの知財業務支援サービスにも力を入れていきたいと考えています。

2018年12月28日金曜日

今年も一年、クライアントの皆様には、大変お世話になりました。たくさんのご依頼を頂戴しまして、深く感謝申し上げます。来年は、さらに事務所の組織体制等を整備し、皆様のご期待に応えることができるように一層努力してまいります。よいお年をお迎えください。

2018年12月12日水曜日

昨日、弁理士が1名加入しました。専門は電気、機械です。これで、当所弁理士総数が10名体制となりました。専門分野で分けると、バイオ5名、化学系2名、電気機械系3名の弁理士体制です。新加入の弁理士は、大学を中退して一般企業に入社し、その後弁理士登録をしたという経歴を持っています。既に特許事務所での10年以上の実務経験を有しています。

2018年10月2日火曜日

 昨日、京都大学の本庶佑特別教授にノーベル賞が授与されるといううれしいニュースがありました。本庶特別教授の功績は、ガンの治療法において、免疫療法という新しいカテゴリーを築いたことと思います。ガン細胞が本来ガン細胞を攻撃すべき免疫細胞にブレーキをかけてしまうメカニズムを明らかにし、そしてこのブレーキをかけないための新薬の開発につなげました。
 思い出しますに、以前、私が飼っていた犬(ゴールデンリトリバー)が7歳の時に、神経鞘腫という種類のガンになってしまいましたので、獣医さんと相談し、抗がん剤は使用ししないで、免疫細胞療法を選択しました。この免疫細胞療法は、血液を採取してリンパ球を増殖させ、再び体内に戻すという方法で、ノーベル賞受賞に係る新薬を使う方法とは厳密には違うのですが、自己の免疫細胞の力を使ってガンを攻撃させ、その転移や増殖を抑えるというコンセプトでは共通しています。この免疫細胞療法のおかげで、私が飼ってた犬は、毛艶が良くなり、子供帰りに近いような感じで元気になり、13歳半まで長生きし、天寿を全うしました。

2018年9月28日金曜日


最近、大学の学部の同級会の案内がありました。卒業してから早いものでもう34年も過ぎました。その案内の中には懐かしい名前もあり、卒業以来会ってない方も多数います。そして、残念なことにすでにご逝去された方も・・。改めて健康の大切さを感じます。大学生だった頃、将来、知的財産の仕事に携わるとは全く想像もしておりませんでした。その頃、知財関連の授業もなかったですから。企業に就職し、10年間の会社勤務経験を経て、32才で退職、商品開発の経験を生かして自立できる道を求め、弁理士試験に臨みました。大学時代は、かけがえのない親友と出会い、また、部活の良き先輩後輩に囲まれ、充実した日々を送っていたように思います。私は、生来、何かを始めると他のことに無頓着になってしまう性格。部活や卒論の準備に夢中になりすぎてしまったこともありました。卒論の指導をしていただいた旧国立公害研究所のF先生には、君のようなバイタリティーのある学生に会ったのは初めて、と評価していただいたことを真に受け、その後の私の糧にしたように思います。また、大学時代の親友や先輩からも人生において大切なことをたくさん教えてもらったと思っています。改めて感謝したいと思います。